| Home | 良導絡について | 治療の流れ | 治療メニュー | スタッフ紹介 | アクセス |

こんな症状の方もご相談下さい

インフォメーション

定休日:日曜・祝日
診療時間:10:00〜12:00、14:00〜20:00
【ご予約・お問合せ】
TEL/FAX:045-260-5508

美容鍼灸

HOME > 治療の流れ

良導絡治療の流れ

良導絡治療では、最初にノイロメーターという機械を使って皮膚通電抵抗を測定し、自律神経の働きを数値によって調べます。測定時の電流量 によりその臓器の働きをチャートに表し、現在の身体のコンディションを把握して、治療方針をご説明します。



自律神経測定
内臓の機能異常は手と足にある代表測定点に出現するため、その場所を測定します。電流量の平均値は、患者様の現在の体質的な体力の程度に応じた値です。電流量の多い少ないで症状がわかりますので、発病する前に患者様の弱い系統を知ることが出来、治療の参考になります。測定を数回続けていくと、生まれたときからの弱い系統(血統・家系的体質)を知ることができます。良導絡は自律神経測定すなわち健康度調査であり、簡易的な人間ドックの役目を果たします。



直流電気鍼(EAP=Electrical Acupuncture)による治療
良導絡治療では、通電により経穴(ツボ)を検索して、各個人の生きたツボを治療しますので、大変効果的です。電気に恐怖心や不安感を感じる人も心配は不要です。むしろ居眠りをする人が多く、自律神経を調整することにより、難治不治の病気が好転すると言われています。
電気鍼は1950年中谷義雄医博により創始されました。鍼に電気を通す方法が人体に危険性のないことが確認され、中でもEAPによる刺激が、大きな治療効果を得られることがわかりました。EAPは通常の鍼治療で用いる毫鍼とは異なる「自律神経調整鍼」を用いて刺入しますので、施術者が鍼に直接触ることなく、清潔で感染の心配がありません。