| Home | 良導絡について | 治療の流れ | 治療メニュー | スタッフ紹介 | アクセス |

こんな症状の方もご相談下さい

インフォメーション

定休日:日曜・祝日
診療時間:10:00〜12:00、14:00〜20:00
【ご予約・お問合せ】
TEL/FAX:045-260-5508

美容鍼灸

HOME > 顔面麻痺

顔面麻痺

顔面麻痺の良導絡治療
顔面麻痺の頭蓋内の原因としては腫瘍や血管障害などがありますが、5%弱であり、ほとんどが末梢顔面麻痺です。末梢顔面麻痺には、突発性の麻痺(ベル麻痺)と続発性の麻痺(ハント症候群・耳や乳様突起の障害など)があります。ベル麻痺は、末梢顔面麻痺の80%を占めます。臨床でよく遭遇する末梢顔面麻痺に良導絡治療は著効があります。 顔面麻痺は、障害部位によって橋部にある顔面神経核より中枢側と核より末梢側での障害に分けらます。鍼灸治療適応となる末梢性の場合は、顔面全体の運動が同程度の障害でBell麻痺70-80%・Ramsay Hunt症候群10%・外傷・耳性などです。障害の原因としては、脳神経の中では骨内走行が最も長いこと、炎症性病変発生頻度が高い耳の近傍を通過すること、神経束の周囲に結合織が乏しいなどが原因と言われています。

東洋医学と西洋医学
中医では、「口眼歪斜(こうがんわいしゃ)といいます。「風邪外襲」「肝風内動」「肝気鬱血」「気血両虚」「風痰阻絡」などにより発症するとされています。気血両虚以外は陽明経の異常によって麻痺が起こるとされます。気血両虚は顔面の肌肉が栄養されないことによるものと解されています。
一方、西洋医学では、顔面神経が顔面神経管内で圧迫されることによります。Compression Neuropathyがこの病態の主体をなしていると考え、顔面神経管内の神経浮腫を軽減させる管内圧を低下させるステロイドが用いられています。また、ストレスにより交感神経系の緊張が血管攣縮を引き起こし虚血が生じることが原因の一つと考えられています。予後は、約75-80%が数週間以内で治ることが知られています。外見的・美容上の問題が大きく、良導絡治療が優れた効果を発揮します。

【症例】 A・S 女性 46才 左顔面麻痺
■初診時所見
昨年12月息子の受験や他のストレスと過労から発症。末梢性顔面麻痺中程度と診断。2週間入院ステロイド・星状神経ブロック10回・ビタミン剤血流促進剤服用。閉眼と頬が膨らませない、イ-と歯を見せることが不能、味覚傷害、口をヘの字に曲げ唇が非対称になるなどの症状がある。怒りっぽい、頭痛、不眠、舌紅がみられストレスから肝気が欝し火と化す気火上逆、肝気欝結と思われる。良導絡チャート上ではH・Fの二層性が著明であった。

■治療
全良導絡調整療法の他、顔面部と精神安定のツボに電気鍼治療の結果、味覚傷害は2診目で消失。良導絡チャートの平均値上昇とF系の抑制が改善し、漱口漏水・眼瞼閉合不全の症状改善がみられた。



【症例】 S・S 男性 51才 左顔面麻痺
■初診時所見
1年前から広島へ単身赴任、4月に風邪をひいてから左顔面麻痺、ウィルス感染の疑いで精査入院2週間、高酸素療法とステロイド服用後全身に薬疹。ステロイドを中止したら全身がだるいと来院。眩暈、無気力、疲労倦怠、心悸、不眠、舌淡から気血両虚と思われる。閉眼と頬が膨らませない、味噌汁が口から漏れる、額のシワ消失などから末梢性顔面麻痺と思われる。

■治療
治療は全良導絡調整療法の他に中谷眼科AB点、に顔面部電気鍼治療の結果、5診目に良導絡チャートが改善し、漱口漏水・眼瞼閉合不全の症状改善がみられた。